うさぎの育て方

うさぎの育て方

うさぎの育て方について解説しています。下記記事一覧からご覧ください。

うさぎの育て方記事一覧

うさぎはとてもかわいい動物です。慣れれば呼んだら来るようになりますし、抱っこもさせてくれますし、時々人間臭いしぐさをみせてくれます。ただウサギを飼う前の人はそもそもどんな動物なのか?という部分の理解は中途半端だと思います。一緒に暮らしてみないとわかりません。■うさぎってなつくのか?■どんな表情を見せるのか?■寿命は?■寂しいと弱るって本当?■食料は?などなど色々疑問に思うこともあるでしょう。うさぎ...

うさぎを家に迎える前に知っておいてほしい最低限の注意点について解説していきます。躾についてまずうさぎの飼育はしつけやお手入れの仕方にかなり力を注ぎます。餌の時間・トイレの場所・遊ぶ場所・ブラッシングなどなど小動物でデリケートなウサギに安全で健康な生活を送ってもらうためにどうしても必要なことが多いからです。まずうさぎの餌に関してですが、一般的にはラビットフードといわれる餌をあげます。ペレットを主食と...

うさぎを飼う前に知っておくべきことを解説します。なぜなら事前に知っているか知らないかで、あなたとウサギの今後何年にもわたるライフスタイルが変わってくるからです。飼う前にやっておくべきこと飼う前に知っておくべきなのは■しつけの方法■病気のこと■食べさせて良い餌・悪い餌■身体の手入れの仕方や頻度もちろん何から何まで、完璧に理解しておくまでしなくていいと思いますが、(できることならそれが望ましいですが)...

うさぎを留守番させる上でもゲージに入れておく以外にも一定の注意が必要となります。うさぎの留守番まず留守番に関して1日とか2日ならば、少し餌と水を多めにいれておくくらいでも問題ありません。うさぎも退屈するでしょうが帰ってきたときに思いっきり遊んであげましょう。ただ長期の留守をする時というのもどうしてもあると思います。旅行の時もそうですが、突発的なお葬式や出張などで家を1週間くらい空けなければならない...

せっかく愛情込めて育てているつもりでも懐かない!ということは少なくないと思います。今回はそんな悩みを抱える飼い主さんに向けてアドバイスです。ウサギの個体差を考えるまずうさぎが懐かない原因として2つ考えられます。普段の接し方に問題があるかも?知らず知らずのうちにうさぎのストレスになるようなことをしていたり、良かれと思ってやっていることが実は嫌がられていたり、といったことが考えられます。・嫌がっている...

うさぎのブラッシングは身体を綺麗にする以外に様々な効果があります。うさぎのブラッシングの効果ブラッシングは飼い主とうさぎのコミュニケーションの良い機会です。優しく声をかけながらブラッシングしてあげると信頼関係の構築にも役立ちます。最後までおとなしくできたらご褒美をあげても良いですね。抜け毛が激しい時期とそうでもない時期がありますが、特に抜け毛が激しい時期はブラッシングは必要不可欠です。ブラッシング...

うさぎにも定期的な健康診断が必要です。今回はどんな診断が必要なのかご説明していきます。うさぎの健康診断うさぎの定期診断でやることと言えば爪前歯奥歯耳の中尻尿糞これらのチェックが大半だと思います。爪や歯は伸び過ぎていれば切る、または削るかしなければなりませんし、耳の中は定期的に掃除してあげなければ病気の原因になったりします。爪切りは1カ月〜2カ月に1回くらいの周期がベストだと思います。病院の選び方に...

うさぎを散歩させたいという声をよく聞きます。果たしてうさぎに散歩はさせても大丈夫なのでしょうか?危険やリスクについて知っておきましょう。うさぎに散歩って必要?まずうさぎの散歩にはリスクが伴います。散歩にはハーネスを付ける必要があるのですが、それを嫌がるウサギもたくさんいます。無理に付けようとすると嫌われるかもしれません。ハーネスでの散歩を始めて、態度や様子が変わったようならその子に散歩は向いていま...

うさぎの繁殖について飼育する上で知っておくべきことを解説しています。うさぎの繁殖まずうさぎは複数飼いしていると普通に繁殖します。産む場所に関しては人間の視界からは見えないようにします。野生のうさぎは自分の毛を使って毛布をつくり、そこに赤ちゃんを産みます。なのでペットの場合は毛糸を使って代わりにしてあげます。生まれた後赤ちゃんは生まれた後には触ってはいけません。人間のにおいがつくと育児放棄する可能性...

ウサギを家に迎えた時の、慣れさせ方について解説しています。うさぎの不安要素を理解する新しい家族がやってきて、迎える人たちはワクワクどきどきでこれから始まる新しい生活に胸を躍らせているかもしれませんが、ウサギにとっては未開の地に突然送りこまれて混乱している状態です。とりあえずウサギのストレスになるようなことは徹底的に排除すること。最初の2日間は触らずに、そっとしておきます。まずはここが安全な場所なん...

うさぎも人間と同じで運動不足は体によくありません。ゲージの外でのびのびしたり、走り回ったりというのはストレス解消にもなります。うさぎの運動不足には注意まあうさぎを飼っておいて、四六時中ゲージの中に入れているという人はいないと思いますが・・・ゲージから出して定期的に運動させてあげることが大切です。運動不足が続くと便秘になることがあります。ウサギは外に出してあげると好きに動き回って運動しますから、時間...

うさぎの飲み水について若干心配する声も良く聞くので、私の経験の範囲でお答えしておきます。水道水でOK?水分はうさぎにとって命つなぎ健康を保つ為の大事な成分です。日々うさぎに与える水についての予備知識はしっかり持っておきたいものです。さてウサギに与える水ですが、殆どの人は水道水を使っているのではないでしょうか。水道水には塩素が含まれているので、ウサギに悪いのではないかと心配する声もありますが、基本的...

ウサギを撫でるのは飼い主とのスキンシップ、信頼関係構築にとても良いことです。ですが撫で方や触ってはいけない場所に関しては飼い主としてわきまえておかなければなりません。まずは警戒心を解くうさぎは毛並みが綺麗な子もいれば、もふもふ気持ちよさそうな子もいます。いずれにせよペットショップや動物園にいれば「触ってみたい」と思いますよね。でもただ触るといっても触り方にはある程度気を使ってあげなければなりません...

うさぎは、汗をかくことができない動物なので体温調整をすることができません。つまり、寒暖差に弱い生き物なので、ペットとして部屋で飼う場合、夏や冬の気温の変化には十分注意しなければなりません。どのようにして気温を管理するのがいいのでしょうか。うさぎを飼うときの気温管理エアコンが一番手軽多少電気代はかかってきますが、温度を設定できるという点で、エアコンの使用が最も簡単です。ただし、エアコンの風邪が直接う...

うさぎに限らず、動物を飼っているとどうしても気になってくるのが、その独特な臭い。慣れてしまえばいいだけの話ですが、人を招く時などにどうしても気を使ってしまうものです。そこで、うさぎの臭い対策についてまとめてみました。こうすれば大丈夫!うさぎの臭い対策 清潔にしていればOK 基本的に数あるペットの中でも、うさぎ本体は清潔にしていればそこまで臭うことはありません。ブラッシングをまめにしてあげたり、どう...

うさぎは、毛で覆われているため冬は暖かそうだとかんがえている方も多いかもしれません。しかし、現実には野生のうさぎですら穴を掘って潜り込んで暖をとったり、冬を生き延びるのに必死であったりします。ましてや、ペットのうさぎにとって冬の寒さは間違えると命に関わります。そこで、今回はうさぎの冬の寒さ対策について紹介していきます。見た目によらず寒がり?うさぎの寒さ対策毛布をケージにかぶせるケージに毛布をかけて...

「うさぎに水をあたえたら死ぬ」という迷信がありますが、これは本当なのでしょうか。こちらはうさぎが飲む水についてのまとめになります。実際のところどうなの?うさぎの飲水量について 水を与えたら本当に死んじゃう? まず、先ほどとりあげた迷信についてですが、これはケージで飼っているうさぎについていうと嘘です。むしろ飲まないと死んでしまいます。こういった迷信は、大昔にうさぎを外で牧草を食べさせながら飼育して...

ペットショップなどで最近良く赤ちゃんの状態で売られるようになったうさぎですが、生後数週間は大変デリケートな時期なので、育て方を間違えると命に関わる問題になりかねません。うさぎの赤ちゃんはどのようにして育てていけばいいのでしょうか。うさぎの赤ちゃんの育て方 6週間までは… うさぎは、生後3週間ごろから乳離れをしてケージの中などを探索するようになりますが、6週間ごろまでは母親のウサギと一緒だと、普通の...

うさぎを飼う上で、正しく行わないと臭いや病気の原因になってしまうトイレの清掃。今回はその設置場所から清掃の手順までを紹介していこうと思います。うさぎのトイレの設置と清掃 トイレの場所はうさぎに決めさせる まず、うさぎがトイレの場所を覚えるというのは、誤解を招きがちな表現です。うさぎは本能的に同じ場所で排泄する習性があるので、何度か排泄したであろう場所にトイレを置くと自然にそこが決まった場所になって...

うさぎは、動物達のなかでもかなり水が嫌いな動物ですが、水浴びをしたりお風呂に入ったりしている写真をみたことがある方も多いのではないでしょうか。暑いとつい水浴びさせてあげたくなるものですが、本当に大丈夫なものでしょうか。本当に大丈夫?うさぎの水浴び基本的に水浴びもお風呂もNGうさぎが嫌がっているところを無理やり水浴びさせたり、お風呂に入れたりするのは大変良くありません。というのも、ウサギはストレスに...

現在世界には数多くの種類のうさぎが存在しますが、これらは種類によって神経質であったり人に懐きにくかったりするケースもあります。そこで、今回は人懐っこいペットとして飼いやすいうさぎを紹介します。初心者にもオススメのウサギはこれ!穏和な性格の「ホーランドロップ」垂れた耳が特徴的なこちらの種類は、一般的にやや大きめのサイズで穏やかな性格であると言われています。好奇心旺盛で人見知りもしにくいので、人に懐き...

垂れた耳と小さい身体がなんとも愛らしいうさぎ、ロップイヤー。うさぎを飼うならこの種類が良いという方も多いかと思います。そこでうさぎを飼うときの基本知識をまとめました。ロップイヤーを飼うならこうしよう!うさぎの飼育の基礎知識まず絶対に用意すべき! ケージケージとは、うさぎを飼うときに定番のカゴのことです。ここにペットシートやすのこ、あるいは新聞紙を敷いてあげましょう。噛み癖のあるうさぎも多いので、ち...

アメリカンファジードロップ通称、アメファジの育て方のポイントについてお話していきます。どんなウサギ?アメリカンファジードロップは垂れ耳のうさぎですね。おおきさは30cmくらいの標準くらいの大きさです。人間によく懐く性格で、なでたり抱っこしたりすると喜びます。とてもおっとりした性格で、他のウサギよりも比較的しつけはしやすい種類だと思います。感情表現も豊なので一緒に暮らしていてとても楽しいと思います。...

page top