うさぎの育て方/兎飼育歴10年が語るしつけのコツや餌の選び方他

ウサギが懐かない!/元々の性格か育て方か

せっかく愛情込めて育てているつもりでも懐かない!ということは少なくないと思います。今回はそんな悩みを抱える飼い主さんに向けてアドバイスです。

 

 

ウサギの個体差を考える

まずうさぎが懐かない原因として2つ考えられます。

 

普段の接し方に問題があるかも?

知らず知らずのうちにうさぎのストレスになるようなことをしていたり、良かれと思ってやっていることが実は嫌がられていたり、といったことが考えられます。

 

・嫌がっているのに無理やり抱っこしていないか?
・ドアの近くなど大きな音がする場所にゲージを置いていないか
・優しい接し方をしているか?

 

人間の力は手加減してもウサギにとってはものすごい力です。私の家では、お客さんを迎えたと時に、ウサギに触るのですが、物凄い雑な撫で方をする人がいます。

 

それこそ、抑えつけるみたいに・・・もうちょっと優しくしてやってくださいとやんわり言うのですが、当人は自覚はなかったようです。

 

動物の飼育経験があまりない人にとっては、そういうさじ加減が今一わからない人もいるよう。

 

なので飼いうさぎが懐かないという皆さんも自分の接し方が、うさぎにとって苦になっていないか今一度思い返してみてください。

 

うさぎの元々の性格

うさぎには個体差があって、とても警戒心が強くて中々懐かない子もいます。

 

そういう子と無理やりスキンシップをとるのは逆効果で、返って反発を招きます。

 

実際わたしのウサギも「こっからは良くてここからはダメ」というような線引きがあるようです。

 

撫でられるのはわりと好きみたいで、気持ち良さそうにするのですが、抱っこは滅茶苦茶嫌がります。

 

飼育から2,3年くらいは何度か抱っこを試みましたが、絶対に逃げるので、「この子は抱っこが好きじゃないんだな」と割り切って、必要以上の抱っこしてません。

 

人間と接するのと同じで、嫌がることはしないのです。

 

人間の理想とうさぎの気持ちには剥離があるというのは知っておいた方がいいでしょう。

 

前へ:うさぎの留守番前の準備
次へ:うさぎのブラッシングのコツ

page top