うさぎの育て方/兎飼育歴10年が語るしつけのコツや餌の選び方他

ウサギ飼育前講座/うさぎを環境に慣れさせよう

ウサギを家に迎えた時の、慣れさせ方について解説しています。

 

うさぎの不安要素を理解する

新しい家族がやってきて、迎える人たちはワクワクどきどきでこれから始まる新しい生活に胸を躍らせているかもしれませんが、ウサギにとっては未開の地に突然送りこまれて混乱している状態です。

 

とりあえずウサギのストレスになるようなことは徹底的に排除すること。

 

最初の2日間は触らずに、そっとしておきます。まずはここが安全な場所なんだということを理解させて、ゲージに慣れさせる。
餌に関しても急に新しい物を与えずに、暫くはペットショップで元々与えていたものを与えます。

 

今後新しい餌に変えていくなら、少しずつ量を変えていくようにしてください。

 

つまり最初の一週間は古い餌と新しい餌の割合を7:3、二週目からは5:5、3週目からは7:3・・・というように少しずつ慣れさせます。

 

ゲージから出す

ゲージから出すのは1週間くらい経ってからがいいと思いますが、まあ別に4日目くらいから外にだしてあげてもかまいません。

 

好奇心の強い子はゲージを空けているだけで、勝手に外に出てきます。
「柵」を作ってその範囲内のみ自由にしてあげます。

 

ただこの時もあまり構うことはせずに、飼い主はあくまで我関せずな態度でいることが大事。

 

銅像のように固まってうさぎを近くで見守っていてあげましょう。

 

たまに鼻先でつついたりしてくるでしょうから、この時だけそっと撫でてあげます。

 

とにかくウサギに無害だと思わせることが大切です。

 

前へ:うさぎの繁殖/産後はできるだけ触れない見ない
次へ:種類別のうさぎの育て方

関連ページ

うさぎってどんな動物?意外と知られない特徴や習性
うさぎはとてもかわいい動物です。 慣れれば呼んだら来るようになりますし、抱っこもさせてくれますし、時々人間臭いしぐさをみせてくれます。 ただウサギを飼う前の人は そもそもどんな動物なのか?という部分の理解は中途半端だと思います。
うさぎを飼う前に知っておくべきこと
うさぎの育てていく上での最低限の注意点について解説していきます。 まずうさぎの飼育はしつけやお手入れの仕方にかなり力を注ぎます。 餌の時間・トイレの場所・遊ぶ場所・ブラッシングなどなど 小動物でデリケートなウサギに安全で健康な生活を送ってもらうためにどうしても必要なことが多いからです。
うさぎって飼いやすいって本当?
うさぎが「飼いやすい」というのは誤解です!
うさぎの留守番前の準備
うさぎを留守番させる上でもゲージに入れておく以外にも一定の注意が必要となります。
ウサギが懐かない!/元々の性格か育て方か
せっかく愛情込めて育てているつもりでも懐かない!ということは少なくないと思います。今回はそんな悩みを抱える飼い主さんに向けてアドバイスです。
うさぎのブラッシングのコツ
うさぎのブラッシングは身体を綺麗にする以外に様々な効果があります。
うさぎの健康管理/定期的にやっておこう
うさぎ飼育歴10年の私がその経験をもとにうさぎの育て方のアドバイスをさせていただいています。意外と知られないウサギに悪い食べ物や、しつけの仕方など初心者にもわかりやすいように解説してみました!
うさぎの散歩って必要?/危険について知る
うさぎを散歩させたいという声をよく聞きます。果たしてうさぎに散歩はさせても大丈夫なのでしょうか?危険やリスクについて知っておきましょう。
うさぎの繁殖/産後はできるだけ触れない見ない
うさぎの繁殖についてお話していきます。産後のウサギはとてもデリケートなので扱いを間違えると育児放棄ということになりかねません。
うさぎの運動不足を解消しよう
うさぎも人間と同じで運動不足は体によくありません。ゲージの外でのびのびしたり、走り回ったりというのはストレス解消にもなります。
うさぎの飲み水は水道水あげてもOK?
うさぎの飲み水について若干心配する声も良く聞くので、私の経験の範囲でお答えしておきます。
赤ちゃんウサギの触り方
ウサギを撫でるのは飼い主とのスキンシップ、信頼関係構築にとても良いことです。ですが撫で方や触ってはいけない場所に関しては飼い主としてわきまえておかなければなりません。
うさぎを飼うときの気温管理
うさぎは、汗をかくことができない動物なので体温調整をすることができません。つまり、寒暖差に弱い生き物なので、ペットとして部屋で飼う場合、夏や冬の気温の変化には十分注意しなければなりません。どのようにして気温を管理するのがいいのでしょうか。
こうすれば大丈夫!うさぎの臭い対策
うさぎに限らず、動物を飼っているとどうしても気になってくるのが、その独特な臭い。慣れてしまえばいいだけの話ですが、人を招く時などにどうしても気を使ってしまうものです。そこで、うさぎの臭い対策についてまとめてみました。
見た目によらず寒がり?うさぎの寒さ対策
うさぎは、毛で覆われているため冬は暖かそうだとかんがえている方も多いかもしれません。しかし、現実には野生のうさぎですら穴を掘って潜り込んで暖をとったり、冬を生き延びるのに必死であったりします。ましてや、ペットのうさぎにとって冬の寒さは間違えると命に関わります。そこで、今回はうさぎの冬の寒さ対策について紹介していきます。
うさぎの飲水量に関する迷信
「うさぎに水をあたえたら死ぬ」という迷信がありますが、これは本当なのでしょうか。こちらはうさぎが飲む水についてのまとめになります。
うさぎの赤ちゃんの育て方
ペットショップなどで最近良く赤ちゃんの状態で売られるようになったうさぎですが、生後数週間は大変デリケートな時期なので、育て方を間違えると命に関わる問題になりかねません。うさぎの赤ちゃんはどのようにして育てていけばいいのでしょうか。
うさぎのトイレの設置と清掃
うさぎを飼う上で、正しく行わないと臭いや病気の原因になってしまうトイレの清掃。今回はその設置場所から清掃の手順までを紹介していこうと思います。
うさぎに水浴びやお風呂が必要ない理由
うさぎは、動物達のなかでもかなり水が嫌いな動物ですが、水浴びをしたりお風呂に入ったりしている写真をみたことがある方も多いのではないでしょうか。暑いとつい水浴びさせてあげたくなるものですが、本当に大丈夫なものでしょうか。
うさぎ初心者にも飼いやすい種類
現在世界には数多くの種類のうさぎが存在します。今回は人懐っこいペットとして飼いやすいうさぎを紹介します。
ロップイヤーの飼い方
垂れた耳と小さい身体がなんとも愛らしいうさぎ、ロップイヤー。うさぎを飼うならこの種類が良いという方も多いかと思います。そこでうさぎを飼うときの基本知識をまとめました。
アメリカンファジーロップの飼い方
アメリカンファジードロップ通称、アメファジの育て方のポイントについてお話していきます。 アメリカンファジードロップは垂れ耳のうさぎですね。 おおきさは30cmくらいの標準くらいの大きさです。

 
HOME