うさぎ 飼育 温度

うさぎを飼うときの気温管理

うさぎは、汗をかくことができない動物なので体温調整をすることができません。つまり、寒暖差に弱い生き物なので、ペットとして部屋で飼う場合、夏や冬の気温の変化には十分注意しなければなりません。どのようにして気温を管理するのがいいのでしょうか。

 

 

うさぎを飼うときの気温管理

 

エアコンが一番手軽

 

多少電気代はかかってきますが、温度を設定できるという点で、エアコンの使用が最も簡単です。ただし、エアコンの風邪が直接うさぎにあたって、うさぎにストレスを与えないように風向きには注意しましょう。

 

エアコン以外のものも上手に使う

 

例えば、夏であれば凍ったペットボトルをタオルで巻いたものをケージの上に置くだけでケージの中の気温を調整することができます。冬は専用のヒーターもあるので、それらを上手く使ってより過ごしやすい環境をつくってあげてください。

 

高齢のうさぎには特に注意!

 

若くて元気なうさぎであれば、多少の暑さや寒さには耐えてくれますが、歳を重ねたうさぎは体力も落ちているのでそうはいきません。「この前まで大丈夫だったのに…」と後悔しないように高齢のうさぎの扱いには十分に注意しましょう。

 

このようにして、極力部屋の寒暖差をなくすように心がけることが大切です。また、外出の際などに急に暑い車の中に入ったりするのもよくありません。常にうさぎの気持ちを考えて飼育に取り組むようにしましょう。

page top