うさぎ 冬

見た目によらず寒がり?うさぎの寒さ対策

うさぎは、毛で覆われているため冬は暖かそうだとかんがえている方も多いかもしれません。しかし、現実には野生のうさぎですら穴を掘って潜り込んで暖をとったり、冬を生き延びるのに必死であったりします。ましてや、ペットのうさぎにとって冬の寒さは間違えると命に関わります。そこで、今回はうさぎの冬の寒さ対策について紹介していきます。

 

 

見た目によらず寒がり?うさぎの寒さ対策

 

毛布をケージにかぶせる

ケージに毛布をかけてあげることで寒暖差を和らげて、とおりぬけていく風を防ぐことができます。まずは、しっかりと空気の入れ替えができる程度に毛布をケージにかけてあげましょう。

 

ヒーターを使う

初期費用や電気代などある程度コストがかかりますが、簡単にうさぎのケージを温めることができます。特に病気などで体力の弱ったうさぎには、ヒーターの使用をオススメします。また、その際にはかじられても大丈夫なように配線をしっかりと保護しましょう。

 

ケージを温める際の注意

冬で乾燥しているのに加えて、ヒーターなどを使用するとあっという間にケージの空気はカラカラになってしまいます。給水ボトルはマメに取り替えてあげましょう。また、温めすぎた時のうさぎの逃げ場を作るためにも、ヒーターは部分的に使用すると良いですね。

 

うさぎは、夏に比べればまだマシであっても、冬の寒さにも意外と弱いものです。一緒に寒い冬を乗り越えて新しい春を迎えるためにも、しっかりと寒さ対策をしていくことが大切です。

page top