うさぎ 夏バテ対策

夏を乗り越える/うさぎの夏バテ対策

うさぎにとって、夏は人間が感じるよりも遥かに過酷な季節です。我々ですら夏バテしてしまうですから、うさぎにとっての夏バテは文字通り命取りになります。うさぎの夏バテ対策にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

夏を乗り越える/うさぎの夏バテ対策

 

室温は常に低めに保つ

うさぎは種類にもよりますが、普通29度を超える環境では体調を崩す可能性がグンとあがります。そのため気温設定は28度以下、できることなら20?25度程度に保つことが理想です。エアコンの他にも凍ったペットボトルをタオルで巻いてケージの上にのせるなど、いろんな対策を併用すると良いでしょう。

 

水分の多いエサを与える

お腹を壊しがちであると言われる水分を多く含むエサですが、食欲が落ちている夏には有効であるケースが多くあります。お腹を壊さないように気をつけながら、適量与えるようにしましょう。夏は食べ物が腐りやすいので、食べ残しはすぐに捨てたほうが良いですね。

 

水の交換はまめに行う

うさぎは普段から水をよく飲む動物ですが、夏はそれが特に著しく現れます。最低でも朝夕2回は給水器の中身を交換してあげるようにしましょう。

 

ほかにも衛生管理などをきちんとすることでうさぎは、夏でも快適に過ごすことができるようになります。ペットは家族の一員ですから、一緒に暑い夏を乗り切っていきましょう。

page top