ミニウサギ 寿命

ミニウサギの寿命について

多くの場合ペットの方が早く死んでしまうため、少しでも長生きしてほしいものですが、比較的健康維持がしやすいと言われているミニウサギは何歳くらいまで生きてくれるのでしょう。

 

 

ミニウサギの寿命について

 

だいたい平均は7歳

ミニウサギは雑種であるため掛けあわせ方によってかなりばらつきがありますが、平均は7歳といわれています。ただペットフードの改良など、飼育環境もかなり良くなってきているため、10年以上生きる例も少なくないようです。

 

寿命をのばすためには

まず大切なのは、生活管理をしっかりすることです。栄養の管理はもちろん、少しの異常であっても気づいてあげられるように毎日の触れ合いも大切です。また、定期的に健康診断をすることで症状が軽いうちに病気を見つけることもできるでしょう。

 

爪切りやブラッシングなども大切

そのほかにも些細な衛生管理が長寿の秘訣であったりします。ブラッシングや爪切りなど、栄養面以外でも世話をしてあげると良いでしょう。また長生きしているウサギは温度の変化に特に弱くなってしまうので、気温の調整はしっかり行いましょう。

 

うさぎを診ることができる獣医師が増えているなど、うさぎの飼育を取り巻く環境は良くなっていますが、長生きできるかどうかは飼い主に多く依存してきます。大切なペットが長く生きられるように、愛情をもって世話をしてあげましょう。

page top