ミニウサギ 飼い方

ミニウサギの飼い方

ウサギの中では身体も丈夫で価格もリーズナブルなため、うさぎの飼育において初心者向けで人気の高いミニウサギですが、どのように飼育するのが良いのでしょうか。ミニウサギの飼い方についてまとめてみました。

 

ミニウサギの飼育について

 

ミニウサギという品種は存在しない

まず、意外と知られていないことですが、ミニウサギというのは雑種のウサギの俗称であり、ミニウサギという品種は存在しません。そのため、掛けあわせ方によっては全く違った成長の度合いを見せるので注意が必要です。

 

ケージの世話は常に行うこと

うさぎは、高温多湿に非常に弱い生き物なのでケージの中の世話は怠ってはいけません。比較的病気に強いミニウサギであっても、ストレスでエサを食べなくなってしまうケースもあるので、常に快適な環境を作ってあげましょう。

 

ミニウサギはかまってちゃん

ミニウサギは、基本的に構えば構うほど懐いてくれます。なので、ストレスにならない程度であれば沢山撫でてあげたりして遊んであげるのがいいでしょう。好奇心旺盛なので、抱っこしてあげても大丈夫な仔が多いのも特徴です。

 

ミニウサギは、色々な品種のいいとこ取りをしているため、外からの刺激にも比較的強いことが多いのが特徴です。また、個体差も大きいのであなただけのミニウサギを見つけてあげてはいかがでしょうか。

関連ページ

ミニウサギの種類
ウサギを飼う上で、安価で手に入り飼育が比較的楽であるという点でよく名前があがりやすいミニウサギですが、この種類のウサギはどのようなウサギなのでしょうか。
ミニウサギの値段はどれくらい?
うさぎの中では、比較的安価に手に入るといわれているミニウサギですが、一体どれくらいの値段で売られていて、どこで買うのが良いのでしょうか。また、どんなミニウサギを選べばいいのでしょうか。
ミニウサギの寿命について
多くの場合ペットの方が早く死んでしまうため、少しでも長生きしてほしいものですが、比較的健康維持がしやすいと言われているミニウサギは何歳くらいまで生きてくれるのでしょう。
ミニウサギの体重はどれくらい?
人懐っこく好奇心旺盛であることが多いミニウサギですが、いったいどれくらい大きくなって、体重はいったいどれくらいになるものなのでしょうか。そんな疑問にお答えしていきます。
ミニウサギを散歩する場合の準備と注意点
うさぎというと室内や庭で飼っているイメージがありますが、実は気をつければ一緒にお散歩に行くこともできます。ここでは、比較的外に出ても平気と言われているミニウサギの散歩について書いていきます。

 
HOME