うさぎ しつけ方

うさぎのしつけかた

うさぎは、しつけても意味がないとも言われていますが、そんなことはありません。きちんとしたやり方でしつけることにより頭のいい仔に育ってくれるんですよ。

 

 

うさぎのしつけかた

 

飼いはじめからしつけは厳禁

 

うさぎを飼いはじめたばかりの場合はしつけをしようとしてはいけません。ただでさえ環境の変化によりうさぎは大きなストレスを感じています。まずは飼い主の家にきちんと慣れることがしつけの第一段階になるでしょう。種類や性格にもよりますが、1週間ほどで慣れてくれるでしょう。

 

褒め方とそのご褒美

 

トイレの場所を覚えたりしたときは、ちゃんとほめてあげましょう。優しく声をかけながら撫でてあげるだけで、うさぎにその気持ちはしっかり伝わってくれます。また、ご褒美としておやつをあげるのもいいでしょう。ただし、おやつはご褒美なので、欲しがるからといってあげすぎては意味がなくなってしまいます。

 

叱るときは音を立てる

 

うさぎがなにか悪さをした時は、きちんと叱ってあげましょう。ただし叩いたりしてはいけません。一般的にうさぎの叱り方は足などで音を立てることで行います。これはうさぎが怒った時に地面を叩きつけるのと同じような音を出すためです。これによってうさぎは叱られていることを理解します。

 

このように、しつけをしていくことによってうさぎは物事の良し悪しをちゃんと覚えていってくれます。褒めすぎず叱りすぎず、バランスをとりながらしつけていくことが大切です。

page top