うさぎ 発情期 行動

うさぎの発情期の行動

うさぎは年中発情期とも言われていますが、彼らが発情すると一体どのような変化が見られ、どのような行動をするのでしょうか。発情期のうさぎについてまとめてみました。

 

うさぎの発情期の行動

 

一年中とはいえど…

基本的にうさぎは1年間いつでも繁殖することができますが、それに適していると言われている季節は気温の変化が緩やかな春です。そのため、その時期に発情した時にみられる行動を起こすことが多くなります。

 

合図は「脱毛」

春になりもっとも激しい発情期にはいったうさぎにみられるのは脱毛です。冬の毛が夏の暑さに対応できるように生え変わる頃が、発情期のピークと言われています。また、この時期は発情の管理と共にまめなブラッシングなどのケアも必要になります。

 

発情期のストレスで

他にも発情期に入ると、いつもきちんとできていたトイレが急にできなくなったり、急に食欲がなくなったりといった変化が見られます。ただし、これらは病気の兆候とも重なるので、心配な方は獣医と相談するといいでしょう。

 

このように、うさぎは発情期にはいると様々な変化がありますが、甘えん坊であることには変わりません。神経質になっているときもありますが、沢山構って愛情表現をしてあげることも大切です。

関連ページ

うさぎがストレスを感じた時の行動
うさぎは、おとなしくて手のかからない動物というイメージもあるかもしれませんが、実は外部からのストレスに敏感な生き物です。うさぎがストレスを感じた時、一体どのような変化があるのでしょうか。
うさぎの妊娠中の行動
大人になったうさぎは避妊手術を指定ない限り、交尾のあと妊娠する可能性があります。うさぎが妊娠した場合、一体どんな行動の変化がみられるのでしょうか。今回はうさぎの妊娠についてまとめました。
うさぎの舐める行動の意味
うさぎを飼ってしばらくすると、近寄ってきて指や足元をなめてきたりします。可愛らしいこれらの行動にはどのような意味があるのでしょうか。
うさぎのジャンプなどの行動の意味
うさぎを飼っていて、運動のためにケージから出してあげると、急に凄いスピードでダッシュしたり、ジャンプしたりすることがあるでしょう。うさぎらしいこれら一連の行動には一体どのような意味があるのでしょうか。
うさぎの行動範囲について知っておこう
うさぎは一般にケージで飼われることがほとんどですが、ケージから出して運動させるとき、どれくらいの時間を、どれくらいの行動範囲で開放してあげれば良いのでしょうか。

 
HOME