うさぎ 行動範囲

うさぎの行動範囲について知っておこう

うさぎは一般にケージで飼われることがほとんどですが、ケージから出して運動させるとき、どれくらいの時間を、どれくらいの行動範囲で開放してあげれば良いのでしょうか。

 

うさぎのケージ外での運動について

 

運動は1時間以内で

うさぎをケージで飼っている場合、運動のためにケージの外に出すのは1日1回、30分?1時間程度で大丈夫です。それ以上だと疲れすぎて体調が悪くなってしまったりもするので、それ以上遊びたがっている場合でもケージに戻しましょう。

 

行動範囲は部屋の中だけで十分

犬と違ってうさぎは部屋の中を開放してあげるだけで思う存分遊ぶことが出来ます。ただしこの時に、うさぎにかじられたくないカーペットや電気機器のコードなどは、部屋に置かない、あるいはかじられても問題ない状態にしておくことが大切です。

 

運動中は目を離さない

1日1回の運動時間はうさぎにとってとても楽しいものです。ついはしゃぎ過ぎて思わぬ怪我をしてしまったりすることも少なくありません。うさぎが怪我をしそうだなと思うものには予め何らかの対策が必要になってきます。

 

適度な運動はうさぎにとって健康を維持するだけでなくストレスの発散にもなります。うさぎとのコミュニケーションをする絶好の機会ですので、一緒に遊んであげるのもいいですね。

関連ページ

うさぎがストレスを感じた時の行動
うさぎは、おとなしくて手のかからない動物というイメージもあるかもしれませんが、実は外部からのストレスに敏感な生き物です。うさぎがストレスを感じた時、一体どのような変化があるのでしょうか。
うさぎの妊娠中の行動
大人になったうさぎは避妊手術を指定ない限り、交尾のあと妊娠する可能性があります。うさぎが妊娠した場合、一体どんな行動の変化がみられるのでしょうか。今回はうさぎの妊娠についてまとめました。
うさぎの発情期の行動
うさぎは年中発情期とも言われていますが、彼らが発情すると一体どのような変化が見られ、どのような行動をするのでしょうか。発情期のうさぎについてまとめてみました。
うさぎの舐める行動の意味
うさぎを飼ってしばらくすると、近寄ってきて指や足元をなめてきたりします。可愛らしいこれらの行動にはどのような意味があるのでしょうか。
うさぎのジャンプなどの行動の意味
うさぎを飼っていて、運動のためにケージから出してあげると、急に凄いスピードでダッシュしたり、ジャンプしたりすることがあるでしょう。うさぎらしいこれら一連の行動には一体どのような意味があるのでしょうか。

 
HOME