うさぎの育て方/兎飼育歴10年が語るしつけの仕方や餌の選び方他

ウサギ用のペレットの選び方成分に注目!

ウサギ用のペレットの選び方について解説しています。

 

どれを選べばいいの?

今やウサギのペレットの種類は山ほどあり、どれを選べばいいかわからないという方も多いでしょう。

 

そこで、ペレット選択の基準をわかりやすく説明してみました。

 

まずうさぎによってペレットの食べやすい形や固さ、味は十人十色です。

 

ペレットを選び時に注目してほしいのは下記の成分です。

 

■タンパク質
■カルシウム
■繊維質

 

これらの成分のバランスを見て、さらにウサギさんの年齢や健康状態を考慮してペレットを決定します。

 

ペレットの種類

ペレットには大きく分けて二つのタイプがあります。
ソフトタイプとハードタイプです。

 

基本的にウサギが好むのは食べやすいソフトタイプです。

 

成長期の若いウサギさんにはこのソフトタイプを食べさせるといいでしょう。

 

歯に負荷もかかりません。

 

ただウサギの歯は伸び続けます。野生では石や木をかじって定期的に歯を削っているので伸び過ぎは自然と防げていますが、
ペットのウサギはそうもいきません。

 

そのため噛み応えのあるハードタイプの餌は歯の伸び過ぎを抑える役割として、ある程度成長したら与えてあげるようにします。

 

ただし固すぎは歯の老化を早めますから、見極めも大切です。

 

前へ:うさぎの餌を与える分量や時間

関連ページ

うさぎの不正咬合(過長歯)を防ぐエサ 放っておかないで!
不正咬合を防ぐための餌について解説しています。 不正咬合というのは歯のかみ合わせが悪くなってしまい、痛みで餌が食べられなくなってしまう病気のことです。 放置すると口内に傷ができて、そこから黴菌が繁殖して深刻な事態になることもありえますので、対処については知っておきましょう。
うさぎの餌講座/牧草の選び方
ウサギといえばゲージに牧草を入れているイメージがあると思います。その牧草の選び方や購入前の注意についてお話しています。
うさぎの餌講座/おやつの種類
うさぎのおやつ選びは悩むところですよね。 おやつはウサギが大好きでなく、人間との関係を円滑にするためのアイテムでもあります。 ご褒美として時間やタイミングを決めてあげると良いですね。うちの子はバナナが大好物なので、毎朝一切れだけあげています。
うさぎの餌講座/ペレットの選び方
ペレットは最も多くのウサギちゃんが主食にしている餌です。 固形タイプの餌で、簡単に口に入る大きさのため、食べやすく大抵のうさぎは好んで食べます。 今市販で売られているものの多くは栄養バランスを考えて作られており健康にも気を使ってくれています。
うさぎの栄養を考えた餌選びをしよう!
うさぎのような小さなペットといえど、長く生活を共にする家族。 健康のことは常に気をかけてあげなければなりません。 人間と一緒で健康的な食生活はうさぎの豊かな生活に直結します。 ではその健康的な食生活とはどんなものなのでしょうか?
うさぎの餌を与える分量や時間
うさぎに与えるえさの分量についてアドバイスします。 まあこれも野菜主食なのかペレット主食なのかで変わってきますが、ペレット主食の場合ウサギさんの体重の5%を基準にしてその半分を朝と夕方に分けて与えてあげます。 昼はいりません。
うさぎにもサプリメントをあげるべき?
うさぎにサプリは上げた方が良いの?という質問をよく聞かれるので、私の経験の知る範囲でお答えしようと思います。
うさぎの餌をあげる時間
うさぎは、いつでもなんでも食べてしまう動物ですが、健康的に飼育するには適当な餌の時間というのがあります。一体どれくらい時間を空けて餌を与えればいいのでしょうか。
うさぎの餌としてのチモシーの効果・役割
うさぎやその他草食動物の餌として、しばしば名前が挙がるチモシーですが、動物の経験の無い方にとっては聞き覚えのない言葉かもしれません。そこで、今回はチモシーとはそもそも何なのかとうさぎの餌としてのチモシーの役割を紹介していきます。
うさぎの餌の適正量
過去にほかの動物を飼ったことがある方も、ペットを飼うのが初めての方も、うさぎに与える餌の量やタイミングについて迷うこともあるかもしれません。一体いつどれくらい与えるのが適切なのでしょうか。
うさぎの赤ちゃんのミルクの与え方
普通うさぎの赤ちゃんは母親の母乳を飲んで育ちますが、何かの事情で母乳なしで赤ちゃんうさぎを飼育することになった場合、ミルクはどのようなものを選べばいいのでしょうか。またどのようにして与えればいいのでしょうか。
赤ちゃんうさぎに与える食べ物
うさぎの繁殖が成功した場合、大体5~6匹の赤ちゃんが誕生します。この赤ちゃんうさぎですが、一体何を与えて育てればいいのでしょうか。またその際、何に気をつければいいのでしょうか。

 
HOME