うさぎの育て方/兎飼育歴10年が語るしつけの仕方や餌の選び方他

うさぎの餌講座/ペレットの選び方

ペレットは最も多くのウサギちゃんが主食にしている餌です。

 

 

どんな餌?

固形タイプの餌で、簡単に口に入る大きさのため、食べやすく大抵のうさぎは好んで食べます。

 

今市販で売られているものの多くは栄養バランスを考えて作られており健康にも気を使ってくれています。

 

様々な種類があり、ソフト型・ハード型とタイプがあります。

 

ソフト型はうさぎにとって食べやすいやわらかめのもの。

 

ハード型は固いけど、歯の伸び過ぎを防ぎます。

 

先の記事でも解説しましたが、ペレットの適量は体重の5%以下です。

 

あげる時間は朝と夕方の2回が好ましいです。

 

ペレットのあげすぎには注意

ただ気を付けてほしいのはペレットというのは、牧草や野菜と比べたらカロリーが高く、繊維量も少ないです。

 

あげすぎはカロリー過多で肥満の原因になりますし、繊維量がすくないものばかり食べていると毛玉の原因になったり、歯が伸び過ぎたりしてしまいます。

 

私の家では2種類のペレットを使っています。

 

■一つはカロリー多めで、柔らかいソフトタイプのペレット。価格は安価です。

 

■もう一つは栄養バランスに特化したハードタイプの少々高級なペレットです。

 

この二つのタイプのペレットを、ソフトタイプとハードタイプの比率を1:6にして容器に入れてあげます。

 

うさぎは圧倒的にソフトタイプの餌を好みますが、甘やかさず9年間ずっとこの比率で与え続けています。

 

牧草は常備

あとは牧草を常に食べられる状態にしています。

 

そのおかげでかなり健康のまま今まで元気に育ってくれていますね。

 

ちょっと値の張る餌は正直いたい出費ですが(笑)

 

うさぎの健康には変えられません。

 

次へ:うさぎの餌講座/おやつの種類

page top