うさぎの育て方/兎飼育歴10年が語るしつけのコツや餌の選び方他

うさぎの寿命は?何年生きる?

うさぎの寿命に関してはかなり聞かれる質問ですのでお答えしておきましょう。

 

何年生きるの?

うさぎの寿命はあくまで一般論だと5年から7年くらいだといわれています。ちょっと早い気もしますよね。

 

ですがこれはあくまで平均値をとったものですので、実際には飼育環境や日々の世話の仕方などで全然違っています。

 

実際に私のうさぎは10年以上生きていますし、全盛期ほどの元気はないもののいまだに走り回ったりしています。

 

またうさぎの死亡確率は生まれて間もないときに極端に高いというのも原因でしょう。

 

正直5年なにごともなく生きたうさぎは結構な確率で7年、8年、10年と生きていくと思います。

 

ですが1歳とかそれ未満で亡くなってしまうウサギがすごく多いので平均寿命がちょっと低めなのかなと思ってます。

 

赤ちゃんうさぎはとてもデリケート

うさぎは大人になるまでは自分の体調管理がうまくできません。

 

体温の調整がうまくできませんし、細菌に対する抵抗力が弱いです。だから外的要因によっては本当にあっという間に亡くなってしまうことも多いです。

 

なので本当は素人の方は大人のウサギから飼うことが望ましいのだと思います。幼いウサギを育てるほうがより飼育に関する知識が求められるからです。

 

知識不足のまま飼い始めれば辛い思いをするのは飼い主さんだけではないことをよく理解しておきましょう。

関連ページ

うさぎの病気の主な種類
うさぎは目に見えて体調が悪くなった時にはかなり深刻な症状なことが多く、普段から気を使ってあげないとそれに気づくことはできません。そこで、うさぎの病気としてよくある症状をピックアップしてみました。
下痢対策
うさぎは以下の時に下痢になりやすいです。下痢は食欲を低下させ、糞で身体も汚れるので衛生的にもよくありません。 かならず対処しましょう・
骨折の対処法
うさぎの骨折の対処法について解説していきます。ウサギが骨折したらどうすればいいのでしょうか。
元気がない時の原因
うさぎの元気がない時の原因や対処法について解説していきます。
長生きの秘訣
ウサギの寿命は5年から7年くらいといわれていますが、きちんとした飼育知識と心構えのもとで育てれば10年以上生きることも珍しくありません。
目ヤニや涙の原因
うさぎの目やには取れそうなら取ってしまいましょう。ティッシュより柔らかいガーゼのような物が良いですね。 くれぐれも清潔なものを使いましょう。
首の傾きの原因は?
ウサギの首が突然傾いてしまった!とパニックになる飼い主さんが多いのでこの症状の原因と治療法について解説していきます。
うさぎも癌になるの?
うさぎにおける癌の治療法や予防方法について解説しています。
餌を食べない原因は?
うさぎの食欲不振は人間のそれとは全くわけが違います。うさぎにとっては1日の絶食すらも緊急を要するということを知っておきましょう。
「くしゃみ」の原因
うさぎのくしゃみの症状についてなんですが、これはスナッフルといっていわば鼻風邪の症状です。
おしっこが赤い原因
うさぎのおしっこが赤っぽいということはよくあることです。ですがやはり原因は色々あって、病気のこともあるので以下の情報は知っておきましょう。
うさぎが水をよく飲むときは病気の兆候?
うさぎは、普段から水をよく飲む動物ですが急激に飲む量が増えた場合は注意が必要です。うさぎの飲水量が増えたときの原因の可能性をまとめてみました。
うさぎが水を飲まなくなったら…原因と対処法
うさぎは、普通びっくりするくらい水を飲む動物ですが、ある日突然水を飲まなくなってしまう場合があります。一体なにが原因で水を飲まなくなるのでしょうか。

 
HOME