うさぎの育て方/兎飼育歴10年が語るしつけのコツや餌の選び方他

うさぎも癌になるの?

うさぎにおける癌の治療法や予防方法について解説しています。

 

 

ウサギの癌

うさぎも人間と同じで癌になります。

 

年齢とともにそのリスクは高くなり、しこりや特定部からの出血により発覚するケースが多いですね。

 

「症状が出始めてからは手遅れ」というケースが多く、予防が難しい病気の一つですね。

 

シコリの場合は見た目で判断できますが、内蔵の癌は見た目ではわかりませんからね。症状が出始めた時にはかなり進行している可能性が高いのです。

 

子宮腺癌

子宮腺癌はウサギに最も多いと言われる癌です。

 

症状としては陰部からの出血などがあげられます。末期になると転移もするので、早めに気がついて癌の切除などを行わないと非常に危険です。

 

ただ手術は危険も伴います。うさぎに手術を乗り切る体力がないと判断されれば、医師からやめておいた方が良いと言われるかもしれません。

 

手遅れにならないためにも、癌には早期に気がついて体力のあるうちに処置をしてあげることが大切です。

page top