うさぎの病気

うさぎの病気の主な種類

皆さんは、うさぎの病気というとどのようなものがあると思いますか?実は、うさぎは目に見えて体調が悪くなった時にはかなり深刻な症状なことが多く、普段から気を使ってあげないとそれに気づくことはできません。そこで、うさぎの病気としてよくある症状をピックアップしてみました。

 

主なうさぎの病気

 

気にしていたら要注意 耳の病気

 

うさぎの耳は、繊細な部位であり病気になりやすい箇所でもあります。しばしば見られる病例としては、ダニに寄生されて発症する耳ダニ病や、細菌が増殖して炎症を起こしてしまう外耳炎などがあります。

 

万病のもとになる歯の病気

 

人間と同様うさぎにとって歯は、食事においてなくてはならないものであり、歯の病気はそれだけに伴わず様々な症状を併発させるものです。切歯(前歯)や臼歯(奥歯)の過長症などが代表的で、ケージの噛みすぎやエサの種類、遺伝的なものが原因であることも多くあります。

 

原因はエサだけじゃない 胃腸の病気

 

うさぎの消化器系は、複雑にできていると言われています。そのため、些細なことで食欲不振や下痢を引き起こします。毛づくろいの毛が胃で毛玉となって詰まってしまう毛玉病やストレスや細菌感染から引き起こされる腸炎などがあります。

 

このように、うさぎも人間や他の動物同様に様々な病気と対峙していますが、軽い気持ちで自己診察すると、かえって症状を悪化させてしまう恐れもあります。おかしいなと思ったときは、まず獣医や専門家に相談しましょう。

関連ページ

下痢対策
うさぎは以下の時に下痢になりやすいです。下痢は食欲を低下させ、糞で身体も汚れるので衛生的にもよくありません。 かならず対処しましょう・
骨折の対処法
うさぎの骨折の対処法について解説していきます。ウサギが骨折したらどうすればいいのでしょうか。
うさぎの寿命は?何年生きる?
うさぎの寿命に関してはかなり聞かれる質問ですのでお答えしておきましょう。
元気がない時の原因
うさぎの元気がない時の原因や対処法について解説していきます。
長生きの秘訣
ウサギの寿命は5年から7年くらいといわれていますが、きちんとした飼育知識と心構えのもとで育てれば10年以上生きることも珍しくありません。
目ヤニや涙の原因
うさぎの目やには取れそうなら取ってしまいましょう。ティッシュより柔らかいガーゼのような物が良いですね。 くれぐれも清潔なものを使いましょう。
首の傾きの原因は?
ウサギの首が突然傾いてしまった!とパニックになる飼い主さんが多いのでこの症状の原因と治療法について解説していきます。
うさぎも癌になるの?
うさぎにおける癌の治療法や予防方法について解説しています。
餌を食べない原因は?
うさぎの食欲不振は人間のそれとは全くわけが違います。うさぎにとっては1日の絶食すらも緊急を要するということを知っておきましょう。
「くしゃみ」の原因
うさぎのくしゃみの症状についてなんですが、これはスナッフルといっていわば鼻風邪の症状です。
おしっこが赤い原因
うさぎのおしっこが赤っぽいということはよくあることです。ですがやはり原因は色々あって、病気のこともあるので以下の情報は知っておきましょう。
うさぎが水をよく飲むときは病気の兆候?
うさぎは、普段から水をよく飲む動物ですが急激に飲む量が増えた場合は注意が必要です。うさぎの飲水量が増えたときの原因の可能性をまとめてみました。
うさぎが水を飲まなくなったら…原因と対処法
うさぎは、普通びっくりするくらい水を飲む動物ですが、ある日突然水を飲まなくなってしまう場合があります。一体なにが原因で水を飲まなくなるのでしょうか。

 
HOME