うさぎ 一人暮らし

一人暮らしのうさぎの飼育ってどうなの?

今や犬や猫に並ぶほどペットとしてポピュラーになったうさぎですが、その理由に一人暮らしのマンションでも飼うことができることが挙げられるようです。そこで一人暮らしでうさぎを飼う場合の注意点についてまとめました。

 

 

一人暮らしのうさぎの飼育ってどうなの?

 

賃貸物件で気をつけたいこと

当たり前のことですが、ペット可の物件を選ぶようにしましょう。また賃貸で物件を借りる場合、うさぎがかじったりした部分の補修費用を退去時に請求されるので、なるべく家を傷つけないように配慮する必要があります。

 

夏は特に注意する

うさぎは気温の変化、とりわけ夏の暑さにはとても弱い動物です。一人暮らしでうさぎを飼うとなると、働いている間面倒を見てくれる人は誰もいないわけですから、留守にする場合でもエアコンをつけっぱなしにしたり、給水器の水を多めにいれたりと暑さ対策が重要になってきます。

 

毎日の世話は欠かさずにする

うさぎは湿気を嫌い、きれい好きなのでケージの掃除を毎日して上げる必要があります。またウサギは食べ物を食べ続けないと死んでしまうので、常にエサがある状態を保ってあげなくてはなりません。

 

これらは全て当たり前のことですが、いくら他の動物の世話よりも手間がかからないとはいえ、一つの命を預かるわけですから飼い主は相当な責任を持たなくてはなりません。それを一人暮らしでたった一人で背負うのですから、相応の覚悟と自覚が一人暮らしでうさぎを飼う上で最も必要なものであるといえるでしょう。

page top